詳しく知らない人も多い「小学校受験」

Posted on by

みなさんは「小学校受験」という言葉を知っていますか。中学校受験や高校受験、大学受験はよく耳にしますが、小学校受験というのはなかなか聞き慣れませんよね。しかし、小学校受験も今となっては大して珍しいことでもなくなってきているのです。

小学校受験の現状

早期教育の意識が高まってきている近年、我が子に小学校受験をさせるという親御さんも増えてきています。年々増えていて、首都圏は特に多いです。学校に関するさまざまなトラブルが社会問題となってきている中で、やはり より早く子どもに教育を受けさせたいという考え方の親御さんが多い傾向にあります。大学に行く人も大幅に増えていますし、本人の将来のために 早めにいろいろなことを学ばせるという考え方も納得がいきます。しかし、まだ何年かしか生きていやい子どもで 経験も浅いので本人の意思が強くなければ小学校受験をさせるのは控えた方がいいでしょう。そして、本人が少しでも受ける気持ちがあれば もし合格しなくても良い経験になりますが、小学校受験をするとしたら約1年前から準備が必要なので やはり本人の意思に従って小学校受験をさせるようにしてください。

小学校受験の準備ではどのようなことをさせれば良いのか

小学校受験には、約1年前からの準備が必要です。では、どのようなことをさせれば良いのでしょうか。まず、幼児というのは当たり前ですが 知識が非常に少ないです。語彙力もあまりありませんし、私たちにとっては当然のことも 幼児は知らなくてもおかしくありません。ですので、世の中の常識や日常的なこと、日本の文化や生活習慣などを積極的に身につけさせるようにしましょう。幼児にできることなら、できるだけ何でも自分でやらせるようにすると良いです。自分自身で経験させることが大切です。テレビ、特に教育番組を見せたり 会話をすることも良い教育になります。音楽や美術など芸術に触れさせたり、外で遊んだりと運動させるのも良いでしょう。

小学校受験、試験の内容

小学校受験の入試の内容は、まずはペーパーテストです。筆記試験で、常識や基本的な算数、言語などに関する問題が出題されます。準備期間中、幼児向けのドリルなどをやらせておくと良いでしょう。次に、口頭の試験です。いわゆる面接のようなもので、さまざまな物事について問われたりします。通常は幼児と試験官の一体一の対話式です。続いて、巧緻性です。はさみを使って紙を切ったり、折り紙、服を畳む、ひもを穴に通すなどの試験で、手先の器用さが見られます。他には、跳ぶ・投げる・走るなどの運動や、言われた通りに動いたり、試験官が話したことを記憶する などの試験があります。準備をしっかりすれば、その分合格する可能性も高くなります。本人の意思と相談して、お子さんに小学校受験をさせるのも一つの早期教育として良いでしょう。