気を付けるべき保護者の服装とは?お受験の時損しないために

この現代受験は中学や高校、大学だけでなく小学校も小学校受験が存在し今や多くの子どもたちが受験を受けています。その時に見られるのは子供だけでなく、親御さんも受験の面接の対象として見られることも少なくありません。今回はその服装について紹介していきます。

そもそも、お受験にはどんな服装がいい?

そもそも小学校受験の際に、親御さんに求められるのは、親御さん自体が清楚で知的、そこにプラスで高級感のある格好が求められます。ですが、清楚で知的までは、再現しやすいですが、高級感というところが問題で、ここがあまり目立つのも良くありません。ほどほどの高級感が求められます。そのため基本として、ワンピースにボレロや、スーツもスカートタイプを着ることにより、ふんわり余裕のある印象を持たせ、ほどほどの高級感を演出します。また、色合いも重要でスーツというとブラックフォーマルを持っている方が多いですが、小学校受験の場合はほとんどのお母さんは濃紺色の服装で来るので、ブラックフォーマルだと少し悪目立ちする可能性があるので、できるだけ濃紺色を選ぶのが好ましくなります。

素材にも注目!どんなものがいい?

小学校受験の際のお母さんの服装はスーツが多いですが、ただのスーツよりも、ウール生地を使ったスーツが好ましいといわれています。その理由は、小学校受験の場合、親御さんは座っている時間が多いです。そのためいざ、お子さんと一緒に面接の際ほかのスーツの素材の場合、ものによっては、しわしわになるという問題がありますが、ウールの場合だとしわになりにくいため、後ろを気にせずに面接に臨めます。また、そのほかにも、受験時期が寒い季節であるため、保温性が必要であったり、見た目的にも上品な高級感が出るためこの生地が好まれて着られています。ですが、ここ数年温暖化の影響か気温の変化が激しくその年によっては、暑すぎる場合もあるため、その年に合わせた生地を予算の中で決めることが大切です。

校風を大切に!

小学校受験で一番大事なことは何より、その学校の校風を大事にすることです。特にキリスト教の学校などは校風を乱さない上品な格好が好まれます。また、その学校一つ一つのカラーの分析する必要があります。そのカラーは年度ごと校長先生の考え方で変わる場合もあるため、必ずチェックしておくことが大切です。例えば、定番色の濃紺色のスーツは絶対に外せないという学校もあれば、特別スーツの色にはこだわらないという学校もあります。こうした、説明を聞けば聞くほどわからなくなる人もいるかもしれませんが、迷った場合はとりあえず、見学に行くことをお勧めします。人から聞くことも可能ですが、やはり、自分の目で見て感じることが一番です。せっかくのお子さんの受験なので、親御さんも自信をもって臨めるようにしておくことが大切です。

コメントは受け付けていません。