小学校受験対策!やっておくと得する習い事とは

小学校受験の為には、どんな対策をしたらいいのか分からない!という方、まずお子さんたちに「習い事」をさせてみませんか?「面接」に「筆記試験」に、習い事によって学ぶことができるスキルは受験に役立つものばかりなんです!過去に出された問題を解くだけでなく、子どものアピールポイントをつくることも大切です。

チームワークが重要?スポーツの習い事

小学校受験では筆記試験だけではなく、面接で「自分をアピール」できるポイントをつくることも非常に重要です。面接官が面接で重視する間接的なアピールポイントである「コミュニケーション能力の高さ」は大きな評価ポイントになります。このコミュニケーション能力を養うのに最適なのが、チームワークで取り組む「スポーツ」関係の習い事です。「集団のなかで、協力して目標を達成するために努力できる」という社会において必要なスキルを、スポーツという共通項目を通し、からだを動かしながら楽しんで学ぶことができるので非常におススメです。子どもへの負担も非常に軽く、ストレス発散の方法にもなるので一石二鳥である、と言えるでしょう。

将来性抜群?楽器を習おう!

小学校受験において「長期間音楽関係の習い事」をしていると、面接官にいい印象を与えやすいという傾向にあります。というのも「楽器を習う」ことは、楽器そのものの奏法の学習に加え、楽譜の読み方の学習など、非常に「努力」が重要である一方で、演奏をする際には曲を表現する「感受性の高さ」「センス」などの子ども本人の「才能」が表れます。また、結果をだすという点においては非常に厳しい世界であり、続けるには強い精神力が必要です。本人の勤勉さをはかる「努力」と感性と可能性をはかる「才能」、子どもの2つの側面が両方生かされ、能力を伸ばせる習い事である「音楽関係の習い事」を「長期間」続けていることは、つまり「ひとつのことに懸命に取り組める」という性質をもっていると言え、そうした性質を面接官は非常に重要視するのです。

学び方を先取り?学習塾

昨今、小学校就学前の子どもたちに対する学習指導を行う学習塾が増加傾向にあります。小学校で習う学習内容の先取りに加え、小学校受験の面接対策を実施しており「どんな質問をされるのか?」「自分について詳しく答えられるか?」などについて過去の受験傾向から受験問題・面接内容を予想し、塾教員複数名と児童で「疑似面接」も行っています。筆記試験だけでなく、幅広い面で受験のサポートをしてくれるので「筆記試験と面接試験、どちらもまとめて対策したい」「過去傾向も踏まえて徹底的に対策をしたい」という方には非常におすすめです。また、合格後も新学期が開始するまでに、効果的な学習法の方法や筆記試験でのミスのケアまで行っている学習塾も少なくありません。就学後も考えて、こうした学習塾を利用するのもいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。