小学校は、大きく分けると3種類があります

Posted on by

小学校には、公立校・国立校・私立校の3種類がありますが、国立校と私立校に通うためには小学校受験が必須となっています。それぞれにメリット・デメリットがあります。それらをよく理解して小学校受験をするかどうかを考えましょう。

最も一般的な公立小学校

公立小学校は、各地方公共団体の教育委員会が運営している小学校で、自宅から徒歩圏内に立地しています。そのため、通学での負担は少なくなっています。小学校受験をする必要はありません。授業料も安く、制服や学校指定の用具も少ないので、家計的な負担や必要以上の用具の管理もありません。地域で学校区が定められていますから、友達も近所に多く、学校以外でも一緒に遊ぶことが容易くなります。反面、多様な家庭の児童が集まっているということを問題に思う人もいるでしょう。教育熱心な家庭から、放任主義、無関心まで、非常にさまざまな家庭環境があります。また、公立小学校の教師は公務員ですから、担任が転勤となって変わってしまうため、子どもが担任にだれたころにいなくなるという問題もあります。

国が運営している国立小学校

国立小学校では、公立校から選抜された教師陣が教鞭をとっていますが、文部科学省の教育研究フィールドにあり、年ごとに、選抜方針・教育方針が変わることが特徴的です。国立小学校に入学するためには、小学校受験をクリアすることが必要ですが、選考試験の中には抽選が含まれていることも大きな特徴です。学校ごとの指定学区域が設けられており、その範囲内に居住していることが条件となりますが、公立小学校に比べますと、遥かに広い範囲の学区域となっています。国立小学校の魅力は、経済的な負担が少ないのに、あるレベル以上の環境が保たれているということでしょう。教師の転勤も少なくなっています。私立校と違って自ら学ぶ姿勢を強く求められます。

学校法人が運営する私立小学校

私立小学校は、それぞれ独自の教育理念と独自の運営管理を持っています。入学するためには小学校受験が必須です。共学校・男子校・女子校などがありますし、宗教的な色合いの強い学校もあります。校風があることが大きな特徴であり魅力でもあります。一定基準をクリアした児童の集団ですから、学習面においても生活面においてもまとまりやすいといえるでしょう。トラブルも少ない印象を持たれています。それぞれの小学校の教育理念に納得した上での入学になるので、保護者と教師との連帯感も強くなります。内部進学がしやすいことも大きなメリットですが、経済的な負担が最大の問題として挙げられます。交通機関を使っての通学時間の長さも児童への負担となります。

一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 伸芽会の教室は東京と関西に20校以上。アクセスも便利で、通い易い環境になっています。 発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。 伸芽会で行っている小学校受験の公開模試には、毎年2万人が参加しています。 受験内容を公開しない小学校が多いなか、合格実績に基づいてカリキュラムを開発しています。 【伸芽会】は小学校受験の入試問題をしっかり対策